投稿者: 盛男 投稿日時: 2017年6月15日

腹筋をつけるには簡単なやり方でも十分!

腹筋をつけようと思ったら、なんか機械とか買ったり、ジムへ通わないといけないと思っていませんか。誰でもすぐにそう考えてしまいます。でも待ってください。たかが腹筋にお金をそんなにかけるなんてもったいないです。自宅でもつけられるのです。ここではその筋トレを見ていきましょう。

俺だってつけられるぜ

腹筋をつけるには、時間だってかかります。機械やジムだとすぐにつきそうですが、そんなことありません。結局、腹筋6パックをするには、どちらにしても時間もかかります。それを知らずに流されて買ったり、通ったのにそれに満足して逆につかないなんてことがあるのです。

自宅でも、時間の空いたときや何かしながらやる方が意外とつきやすかったり、続けやすいのです。そうやって俺もつけたぜなんて人が多いのです。ようはやり方なのです。

基本的なやり方で続けること!

腹筋は、やり方次第でだれでもつけられます。性別に関わりなく筋肉が付くところなので、やり方にこだわりましょう。

まずは、シットアップです。膝をたてて、手は頭の後ろで組むか胸の前でクロスにします。あとは、腹筋に力を入れて状態を起こします。最初はテーブルの下など足を固定して行います。

次にクランチです。肩をつけずに仰向けに寝ます。足を上げて、膝と足首を90度に曲げます。あとは頭か胸に手をおいてら上半身を起こします。無理してあげすぎなくてよいです。

最後は、レッグレイズです。これも仰向けで寝転がり肩はつけません。あとは足を少しだけ上げて少し膝を曲げます。それから足を垂直になるように上げていくのです。

負荷をあげていくことが大切

最初の頃はまずは、少ない回数をこなし、毎日続けることを目指します。そのうちに慣れてきたら、たとえば上半身を起こすときに左右に体をひねったり、クランチでは深く膝を曲げるなどして、負荷をあげていくようにします。

回数を増やすというのでもよいですが、負荷をあげていくことで、より腹筋が鍛えられるので、回数を増やすことだけこだわらないように気をつけてください。